ホーム > カラーセラピーとは > なぜ色が見えるのか

なぜ色が見えるのか

人間は、光が物にあたり、そこから反射された光を受けて物に色や形を感じています。 暗闇ではものが見えません。光がなくては、何も見えないのです。物が見えるのは光が物によって乱反射(散乱)され、その反射された光を眼という器官で捕らえるからです。しかし 物の形や色を見ることができますが、光の波そのものが通過しているところを見ることはできません。 物に色を感じるのは、その物が、他の色を吸収し、特定の色を反射するために、その反射された特定の色を感じるのであり、木の葉が緑色に見えるのは、木の葉が他の波長を吸収して、緑色の波長だけを反射しているので木の葉は緑に見えるのです。

 

ニュートンと色彩

光の正体を解明したのは17世紀の科学者アイザック・ニュートン。

ニュートンは光に色がついているのではなく、色は光によって引き起こされる感覚であるとして、光が眼を刺激した結果、可視光である色が初めて認識されるということを科学的に証明しました。

 

ゲーテと色彩

18世紀にはゲーテが20年かけて執筆した「色彩論」を発表します。青と黄色を最も根源的な色とし、また色彩は光と闇の相互作用によって生まれるものと考えて、ニュートンのスペクトル分析を批判しました。

ニュートンは光のみを分析しましたが、ゲーテは光と闇の両極が作用しあうものであり、目の働きと光により生成される色彩は光の行為として「生けるもの」と考えました。