ホーム > カラーセラピーとは

カラーセラピーとは

セラピーとは、治療、療法、薬や手術などによらない心理療法や物理的療法のことを指します。

 

カラーセラピーとは、「色彩療法」とも呼ばれます。

 

色が持つ意味やチカラを知ることで心の奥に潜む本当の気持ちに気づくことで自分らしさを取り戻し、自分らしく歩むことを手助けする療法です。

 

また、人の心と体に深く働きかける色彩の効果を用いて安らぎを与えたり、心身のバランスを整える効果や、人とのコミュニケーション手段として色を上手に活用することもできます。

 



「色彩心理とはなにか」を知るのに手軽に読める本を以下にご紹介します。

色は生活に密着しています。だからとても影響力があり、そして活用もしやすいのですね。